ベッドルームからこんにちは

はてなブログでの執筆活動は終了しました。現在はnoteにてエッセイ・コラムを書いています。が、せっかくなのではてなは買い物メモ用に活用します〜笑🙆 Twitter @wataseshiano BY 綿生しあの

六月の風

いつの間にか六月になっていた。一日いちにち、時間の流れがこれまでの人生で体感したどの長さとも違っている。朝九時に目が覚めて、一週間分ぐらいの時の流れを感じて、零時になると眠りにつく。そんな日々が繰り返されているうちに、気がつけばひと月が経っている。早いのだか遅いのだかもわからない。まるで時空の狭間にいるみたいだ。みんなが毎日あくせく動き回っている間、私は一人でタイムトラベルをしている。今私が横たわっているベッドはタイムマシンのようなものなのだ。ドラえもんのび太くんが勉強机の引き出しから時空の歪みに滑り込むように、私もこの世界の時空の歪みに滑り込んでいる。そう考えるとなかなか贅沢なものではないか。

六月の風はじんめりと、少し湿気を含んでいる。今日は梅雨の間の晴れ間で、開け放った大窓から爽やかな風が流れ込んでくる。風に乗って隣近所の生活の音が流れてくる。一、二歳の男の子が、あうあうとまだ言葉になっていない歌を歌っている。小鳥がチュンチュンと何かの報せを告げ合っている。美しい昼下がりだ。午後一時五十九分。もうすぐニ時になる。

あ、ニ時になった。